サッカーバカです

サッカーが大好きです。

rainbow

絶対条件

お互いの性格が合い、価値観が似ている事は絶対条件です。 そして最後に一番重視するのは包容力、簡単に言ってしまえば収入ですね。

価値観が合わなければ何をやっても楽しくないだろうし 必ず意見の食い違いでケンカに発展すると思うからです。 共に生涯を過ごす相手なので性格が合い毎日笑い合える楽しい日々にしたいです。

そして収入ですが、老後も考えるとやはり必然的に高収入の人になってしまいます。 高収入まではいかなくても普通の家庭より上の生活が送りたいです。

何を隠そう私の実家は貧乏だったのですが、あの頃の生活は思い出したくないぐらい嫌いです。

アルバイトを掛け持ちして収入を少しでも増やせれるようにと必死に学生の頃働いていましたね。短大に行くときは、学生ローンを両親に組んでもらって、アルバイト代の中から返済もしてしていました。

高校までは出してもらったので、卒業したら働きに行こうと思ったりもしたのですが、短大は出ていないときちんとした就職先がないだろうっていうことで自分でローンの返済をするからというので進学をしました。周りのみんなは短大の時遊びも名一杯していたのですが、私はひたすらアルバイトに明け暮れていましたね・・・

自分の子供には同じ思いをさせたくないと思い貧乏な相手は嫌です。 また、頼れる親、親戚、兄弟もいないので、もし結婚生活に失敗したらと考えと金銭面にはシビアになってしまいます。

もし子供が出来てからの離婚なんて言ったら生活できません。 今じゃシングルマザーも多いですがそれは実家に帰れる人や後ろ盾があるからこそなんとか生活できる訳で… 片親には国からお金は出ますが毎日忙しく子供と遊んであげられないのは可哀想です。 かと言って産んだのも結婚したのも自分が決めたことで子供には罪も無く立派に育てなくてはいけません。 なので離婚しても養育費をしっかり払える人を求めてしまいます。

私の周りでも離婚し養育費を貰えていない人がいるので苦労していますが、両親が育児に協力的なのでなんとかなっているみたいです。

結婚する前から離婚を考えているのはどうなの?って考える人もいるかもしれませんが、頼れる人がいない人は相手の収入は大事だと思います。

なので、性格が合い、価値観が似ていて尚且つ高収入の人を結婚相手に求めます。 高望みかもしれませんがこの三つは絶対条件です。

主人の女癖

私が主人と喧嘩する理由は一つしかありません。

それは主人の女癖が悪いことです。 主人は結婚するまでお付き合いした彼女の人数が少ないからか、恋愛経験の乏しさからか、女性にいいよられるとすぐについていってしまいます。

特に容姿に魅力があるわけではないと思うのですが、最近会社での役職も上になりお金を持っていると勘違いした女の子たちが寄ってくる子があります。

裸なんて見るに見れない身体で、モテル要素なんてないんですけどね。お腹も出てるし、出べそだし(笑)

実際にはお小遣いも少なく、子供も多いので家にお金はまったくないのですが、女の子たちのそういった下心を読めない主人はホイホイとのせられてしまいます。

主人の服装などは細心の注意を払って、仕事にあまりマイナスにならないように私も気を使って、いいものを着せているので一見お金を持っているように見えるのでしょう。

ですがそれはもっと上の役職になってもらいたい為に、年齢にあった格好をさせているのであって、女の子たちを寄せる為にやっているのではありません。

そんな私の苦労も知らずに、俺がカッコいいからモテているような空気をだすので、度々私と喧嘩になります。

実際は仕事も忙しく、お金も持っていないので具体的になにかある前に、私に見つかってしまうので大事にはいたっていないことが幸いです。

ですが、女の子と仲良くしたい気持ちが強いのか、メールをしたりSNSで仲良くしようとするのでその度に喧嘩になります。

いったい何のつもりでやっているのか。もしかして、浮気でもしようかと考えているんですかね。

子供も多いので離婚などは考えてはいませんが、本当にいつも怒るほうの身にもなってほしいといつも思っています。

まぁ、もし浮気でもしたら、慰謝料たらふく取って別れてやりますけどね(*^^)v

お金が無かったけど・・・買い替え時かと考えて

趣味でパソコンを使い絵を描いているのですが、 このところ使っているペンタブレットの調子が悪くなっていました。

接触が悪いというか、反応が悪いというか、 使えないことはないけれど快適とは言えないような状態です。すぐに固まるし・・・イライラするパソコンでしたね。

結構前に買ったものなので途中で新しくしたパソコン自体と相性が悪いのかもしれませんし、単純に長く使っているので寿命がきているのかもしれません。 値段がそこそこ高い物なので今までは買い替えをためらっていたのですが、 消費税増税前の今が買い替えのチャンスだと考え、思い切って新しいものを購入しました。

その時、同時に車も壊れてしまい、お金がない状態だったので数万円借金をしてパソコンを購入しました。増税になると金利も変わるのかな・・・そこら辺の情報には疎いので分かりませんが、とりあえずは増税前にお金を借りました。

増税前だからと日用品を買いだめするようなことはあまりしていないのですが、 こういう高いものだと3パーセントの違いが結構大きいと感じるので、 購入して良かったと思います。

今思うと、壊れた車に10万円以上のお金がかかったのですが、もう10年近く乗っているので増税前に新車に乗り換えればよかったかななんてちょっとだけ後悔しています。。。。

自分の周りでは新車に乗り換えたりっていう人が多かったので、余計そう思っちゃいますね。まぁ、いま言ってもどうしようもないので、今の車を少しでも長く乗れるように大事にしていこうと思います。

次の増税の時にちょっと考えてみようかな。その時も買い替え時ですよね??

増税っていうだけで、何もなければない出費がなんか増えたりして大変((+_+))

貧乏にはいたい政府の決定事項ですね(´・ω・`)

 

投資で儲けたい

今の会社に勤め始めて10年経ちますが、このまま今の仕事を続けていて大丈夫なのか?と不安になる事が多々あります。

仕事自体に不満などはないんですが、会社の体制にちょっと・・・。

社長をはじめ役員の人たちは全員身内で固めています。なので、身内ではない私がこれからいくら頑張っても、出世することは難しく感じます。

出世しない限り給料もそこまで上がらないだろうし。。。このままこの会社に勤めていていいのか。かといって、他の仕事も簡単には見つからないですしね…。

何か副業でもしようかなと本気で考えています。投資なんて言うのもいいですね。

最近は、色々な投資方法がありますよね。株、FXなど、色々な方法がありますが、資産運用の一つの手段として、興味はあります。

将来のことを考えると、少しでもお金は多い方が良いですからね。

ただ、どうしても一歩踏み出せないのが、損をした時の心配が頭から抜けないからです。

現に知り合いが一度失敗したらしく、結構な金額の借金をしていたと言っていました。こう考えてらやっぱり怖いですよね。。。

勿論、儲けられたら問題ないですが、もしも損をしてしまった場合、資産運用の方法によっては、投資以上の損をすることだってありますよね。

それを思うと、冒険をせずに、手元に確実にあるお金を大事にしておいた方が良いのでは、と考えてしまいます。

ただ、うまく儲けることが出来れば、将来の足しにはなりますし、本当に良い方向に行けば、足し以上のお金になりますよね。

夢は見るけれど、気が小さいタイプなので悩みますよね。でも悩んだところでどうにもならない…。なのでこの際思い切ってやってみようかなと思ってます!!

といっても投資する余裕もないので、投資金の調達の為、銀行でお金を借りる所からですね。

借りたお金で投資って?大丈夫ですかね。あ~損した時の事を考えたら怖いけど、このままじゃ何も変わらないし。

思い切ってみます!!

パソコンのパーツ一式

私は貧乏性のためあまり高価な物を買うようなことはありませんでした。

しかし、昔からパソコンには興味があったので他のものから比べればパソコンにお金をかけることはありました。 そのため、パソコンに30万ぐらいお金を書けたこともありますが、その当時の30万円のパソコンは安い方の部類だったため高価な物を買ったとはそこまで思ってはいませんでした。

それから、パソコンは大分安くなり5万円ぐらいでも高性能のパソコンが買えるようになった今、20万円ちょっと出してパソコンのパーツ一式を買いパソコンを組み立てたのですが、これは私の人生の中でも贅沢をしたなと思えるものでした。

金額自体は昔の30万の方が上ですが、安くそろえることのできる時代にインターネットキャッシングを利用してまでも20万もかけたのは自分としては奮発したなという感じです。

次にもし買い替えるときは20万円も出して購入はしないと思うから今のパソコンを大事に使っていこうと思います。まぁ、機械ものなので壊れるときは壊れるから仕方無いのですが、簡単な修理くらいで済むくらいで止まってほしいですね。

 

ブラジルワールドカップ

子供の頃からサッカーばかりしていました。

本気でプロを目指していたんですが、よっぱりそんなに甘い世界ではないですね。

今は観戦専門です。

今年はいよいよブラジルワールドカップの年。

あと3か月ほどで開幕しますね。楽しみです。

日本には頑張ってもらいたいですね。また寝不足の日々が続きそうです。